2017年06月21日

BitBucket にgit pushできない問題

久しぶりにBitBucket にリポジトリを作ってpush しようとしたときにエラーが出てしまったのでその時の解決策

環境

windows 10
git v2.12.1
日にち:20170620

エラー

$ git push -u origin

という感じでBitBucket にpush しようとするとユーザ名とパスワードの入力ダイアログは出るものの、入力したところで下記のエラーが出てしまいました。

remote: Empty password
fatal: Authentication failed for 'https://user@bitbucket.org/repo/test.git/'

やったこと

小一時間他のことをしながらいろいろと検索してみたところ、git のバージョンを上げればうまくいくと書いてある記事が見つかりました。
半信半疑で試しにv2.13.1.2 に上げてみたところ、ターミナル上でパスワード入力が求められて入力するとすんなり成功しました。

最近はバージョンを上げると大抵のことがうまくいくようでちょっと困りものですね。



rabbitcats at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コンピュータ | ソフトウェア

2017年05月27日

vs2017でのboost ビルド時エラー

vs2017 でboost1.64.0 をビルドしようとしたときに所々でエラーが出たのでその時のメモです。

環境

ツールまわり

  • visual studio 2017
  • Windows Kits 10.0.15063.0

実行環境

x86 Native Tools Command Prompt for VS 2017 を管理者権限にて実行

bootstrap.bat から呼び出される %boost_root%/tools/build/src/engine/build.bat には次のように書いてありました。

If you have Visual Studio 2017 installed you will need to build from
the Visual Studio Command Prompt for VS 2017 as we where unable to
detect your toolset installtion.

エラー

ことの始まりはbootstrap.bat を動かしたときの次のエラーでした。

execnt.c(57): fatal error C1083: include ファイルを開けません。'tlhelp32.h':No such file or directory

ということで、b2.exe とかbjam.exe が作られませんでした。

tlhelp32.h

tlhelp32.h 自体のことについては置いておいて、見つからないと言われるので適当なプロジェクトでインクルードしてみると、

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Include\um\TlHelp32.h

にあるとのこと。あるじゃん…
それはそうと、Prompt 上のインクルードパスを調べたところ、Windows Kits は8.1 ではなく10系列が設定されていました。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\include\10.0.15063.0\...

上記ディレクトリ以下でtlhelp32.h があるか確認したところ、ありませんでした。それじゃあ見つからないと言われるのも仕方がないですね。

visual studio 2017 を最初に入れた時にWindows Kits は10.0.14393.0 が入っていたのでそちらを確認するとファイルはあったのでどうにか14393を使うようにしたところb2.exe とかbjam.exe が作られました。

エラーは続くよ

そのあとboost をビルドしようとすると、winsock2 のインクルードでやっぱりWindows Kits は10.0.15063.0 のディレクトリを参照しようとしました...

オチ

さいごに、初心に戻ってインストーラをまた立ち上げてみたところデスクトップC++x86およびx64用 Windows 10 SDK (10.0.15063.0) がチェックついてませんでした…
チェックつけてやり直したらうまくいったので、もし同じ困り方をしたらこのコンポーネントがちゃんと入っているかチェックしてみてください。

全部ちゃんとインストールしてたと思ったのに哀しかったです...



rabbitcats at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)C++ | ソフトウェア

2017年05月22日

LoL のping 問題

LoL をプレイしていてping やラグがひどかったときにちょっと調べる方法です。

症状

日本鯖で主に起きていたことは次の2つでした。

  • ping が急に遅くなる 普段は20[ms] くらいなのですがひどいときは1000[ms] くらいになることがありました。 やっている感じだと、急にping が遅くなるので何も反応ができなかったです。

  • 入力を受け付けない ping は遅くないのに急に何も反応しなくなりました。数秒間コマンドを受け付けてくれないのでお亡くなりにばかりなってしまいました。

これらは日本鯖で起きることでNA鯖では起きていません(ping も160[ms] 近辺で安定)。

ツール

いつも日本鯖でしか起きていないので相性の問題かなと思っていましたが、いつもよりひどくなったので調べてみたら次の2つのツールが公式にありました。

最初はこっちでログを読み込んでみましたが、たまにFPS の低下があるくらいでほとんど問題は起きていないようでした。

lol_ping

次にこっちで調べてみると、ping の低下とパケットロスの多発が見て取れました。当然パケットロスが起こればコマンドも受け付けないのも納得です。

原因

結局何が原因だったかというと、パケットロスはプロバイダにお電話したら変な電波が出てる装置が障害を引き起こしてるとの話(何を言っているのでしょうか…)。 とりあえず対応しに向かってるとのことだったので、ちょっと待っていたら無事パケットロスは解決しました。

ただ、日本鯖でping が急に遅くなる問題は結局解決しないままでした。 とりあえずNA鯖でなるべく遊ぶようにすればいいかなと思ってしまいますね。



rabbitcats at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)デジタルゲーム | コンピュータ